東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

【展覧会】猫れくしょん

あの「猫れくしょん」が帰ってくる!
2016年に開催し、大好評だった猫の展覧会「猫れくしょん」2017年もグレードアップして開催します。おなじみの国芳作品の猫のほか、北斎の猫、さらに池永康晟、鈴木博雄など現代作家の猫の作品も展示。2月22日猫の日スタートです。

会期:2017年2月22日(水)~2月28日(火)会期中無休 場所:ぎゃらりい秋華洞

時間:10:00~18:00 入場無料 展示販売いたします。 掲載作品のお問い合わせは 03-3569-3620 info@syukado.jp 秋華洞まで
かわいい猫がたくさん!猫好き番長の国芳はもちろん、猫づくしの展覧会。今回は和本が充実。北斎の一筆書きのユルい猫もあります。
参加作家:歌川国芳、葛飾北斎、歌川国貞、河鍋暁斎、池永康晟、岡本東子、 中原亜梨沙、鈴木博雄、北川麻衣子、田口由花 ほか

今年の猫れくしょんは和本が充実!

国芳《朧月猫の草紙 六編》

国芳《朧月猫の草紙 六編》国芳《朧月猫の草紙 六編》

 大の猫好き、戯作者の山東京山と国芳のコンビが作り出した「朧月猫の草紙」。そもそもこの物語の設定は山東京山が耳が遠くなり、耳の名医"みけ村にゃう庵"を招き、治療を受けると耳が聞こえるようになったばかりか猫の言葉がわかるようになった。猫から聞いた話をこの「朧月猫の草紙」に書いたというもの。猫好きをうならせる細かい描写、歌舞伎の名場面を取り上げる(猫が当時の役者の似顔絵になっている)ドラマチックな展開が魅力の作品。

暁斎《暁斎画談内外篇》暁斎《暁斎画談内外篇》

暁斎《暁斎画談内外篇》

 暁斎の画論や様々な絵師の作風や姿を模した挿絵、国芳に入門した際の画塾の様子などを描いた4冊からなる画集。 国芳の画塾は猫だらけ。絵を描く時にも懐に猫を入れていたと言われるほどの猫マニアの国芳は飼っていた 猫が死ぬと戒名をつけてもらいとむらったらしい。

作品詳細はこちら

北斎《一筆画譜》北斎《一筆画譜》

北斎《一筆画譜》

 名古屋の丹羽嘉言の描いたものを「うつしものして(原文)」版行。一部を北斎が校正し、加筆した体裁。 文字通り、「一筆」でスラスラ描ける楽しい絵手本。 ゆるい猫がかわいい。

高橋弘明《ジャパニーズ・ボブテイル》

高橋弘明《ジャパニーズ・ボブテイル》高橋弘明《ジャパニーズ・ボブテイル》

 ジャパニーズ・ボブテイルは短いしっぽが特徴の日本産の雑種猫。本作では猫の毛並みが空摺りで表現されている。
高橋弘明は(1871~1945)伯父である松本楓湖に師事。初めは松亭と名のる。大正10年に弘明と改号。明治期頃から輸出用の短冊版の版画制作。後に渡邉版画店や孚水画房などから大判の作品を出版した。

現代作家が描く「猫」

今年は池永康晟、岡本東子、 中原亜梨沙、鈴木博雄、北川麻衣子、田口由花がそれぞれの「猫」を描きます。

池永康晟《西早稲田一丁目 塀の上 今来た。》(参考作品)池永康晟《西早稲田一丁目 塀の上 今来た。》(参考作品)

池永康晟《西早稲田一丁目 塀の上 今来た。》

池永康晟(いけなが・やすなり)

 1965年大分県生まれ。大分芸術緑丘高等学校卒業。 日本画家。自身で染め上げた麻布に岩絵具で描く美人画が、独特な質感と芳香を放つ。研ぎ澄まされた美意識が生み出すのは、清楚でありながら上質な官能を感じさせる世界。現代美人画を牽引する作品群は、いち早く海外メディアからの注目され、幅広いファン層を獲得している。

作家詳細はこちら

岡本東子《砂の砦 - Banteay Samré》岡本東子《砂の砦 - Banteay Samré》

岡本東子《砂の砦 - Banteay Samré》

岡本東子(おかもと・とうこ)

 1977年京都生まれ。2004年東京芸術大学大学院美術研究科日本画専攻修士課程修了。 日本画家。対象の本質を正視し、特に女性の内面を撫でるように丹念に描き出す。その筆力は、目に見えない温度や湿度、空気までも画面に写しこみ、幽玄な世界を作り上げる。濃密で不思議な吸引力を持った作品は観者を捕らえて離さない。 作家詳細はこちら

中原亜梨沙《ねこ娘》中原亜梨沙《ねこ娘》

中原亜梨沙《ねこ娘》

中原亜梨沙(なかはら・ありさ)

  1984年沖縄県生まれ。2011年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程日本画専攻修了。 日本画家。カラフルな装飾に彩られた女性像。その普遍的な愛らしさには、繊細さと大胆さが共存する。"スタートラインがどこであろうと生きようとする力さえあれば輝ける"。「今」とその先へと続く煌めきをテーマに精力的に制作を発表する。 作家詳細はこちら

鈴木博雄《神奈川沖猫鼠合戦図》

鈴木博雄《神奈川沖猫鼠合戦図》鈴木博雄《神奈川沖猫鼠合戦図》

鈴木博雄(すずき・ひろお)

 1986年兵庫県生まれ。2012年東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学保存修復日本画専攻修了。 浮世絵や江戸絵画に見られる人物図様を「こども」に置き換えるなど、古典的モチーフをどこかほのぼのとした世界観に変容させ、近世絵画への「読み替え」を図る。古画研究に裏打ちされた高い専門知識と技術から生み出される心和む作風が、国内外の美術愛好家を魅了している。 作家詳細はこちら

北川麻衣子《猫の客人》

北川麻衣子《猫の客人》北川麻衣子《猫の客人》

北川麻衣子(きたがわ・まいこ)

 1983年埼玉県生まれ。2015年東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画研究室博士課程修了 モノクロームが生み出すのは、メルヘンの源流とも言うべき幻想世界。画中を覆う濃厚にして精緻な黒には、「人ではない何か」へ向けた憧れと畏怖の念が宿っている。ひときわ異彩を放つ創作が見るものを陶酔へと誘う。 作家詳細はこちら

田口由花《猫図》田口由花《猫図》

田口由花《猫図》

田口由花(たぐち・ゆか)

 1992年岐阜県生まれ。愛知県立芸術大学美術学部日本画専攻卒業。現在、東京芸術大学大学院日本画選考在籍。花も人も動物も、柔らかく心地よくありのままの美しさで描かれる。

猫れくしょんLINEスタンプ販売開始!

猫れくしょん展公式LINEスタンプ猫れくしょん展公式LINEスタンプ

 猫れくしょん展公式LINEスタンプ販売中です!
浮世絵から飛び出したゆるーい猫のスタンプがたくさんあるよ。
LINEショップをぜひのぞいてみてください。

https://store.line.me/stickershop/product/1376842

猫れくしょんtwitter

 猫れくしょんtwitter。毎日更新中ニャ。その他の猫の作品は→こちら(浮世絵ぎゃらりい秋華洞)を覗いてみてニャ。