東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

【展覧会】海の生きもの・川の生きもの width=

「自然って美しい。」
日本人の生活にとって深い関わりのある海や川の生き物は、昔から掛け軸や浮世絵にも描かれています。写真を凌駕するかのような細密な杉浦千里の博物画も展示。描かれた造形美をお楽しみ下さい。

会期:2017年7月11日(火)~18日(火) 会期中無休 場所:ぎゃらりい秋華洞

時間:10:00~18:00 入場無料

毛利梅園《鮒図》毛利梅園《鮒図》

毛利梅園《鮒図》

寛永10(1798)江戸~嘉永4(1851) 旗本、博物家。名は元寿。別号に楳園、写生斎など。幕臣で御書院番を務める。動植物、菌類に関心を持ち、克明な写生図を手がけた。その作業は先進的であり、実物の採集、写生を自ら取り組み、日時、採集地等を記録した。代表作《梅園画譜》は後世に江戸の動植物相を知る資料として評価される。

大野麦風《大日本魚類画集 ホオボオ》大野麦風《大日本魚類画集 ホオボオ》

大野麦風《大日本魚類画集 ホオボオ》

明治21年(1888)~昭和51年(1976) 画家。長原孝太郎のもとで洋画を学び、白馬会、太平洋画会、光風会などで活躍。その後版画家に転向し、日本各地の魚の生態を色鮮やかに描く版画集「大日本魚類画集」を出版する。同作は、会員を対象に頒布される500部限定の木版画集であったが、1937年から1944年までに全72点が刊行され、麦風の画業を代表する作品となった。谷崎潤一郎と徳富蘇峰が揮毫、日本魚類学の父とされる田中茂穂と釣りに詳しい上田尚の解説がついた。

広重《魚づくし 鮎》広重《魚づくし 鮎》

広重《魚づくし 鮎》

名所絵 で成功をおさめた 広重 が続いて取り組んだのは、草木や鳥、虫や魚などを描く花鳥版画の分野であった。『 魚づくし 』と呼ばれる本作品は、もともと 摺物 (狂歌・俳句・暦などに絵を添えて摺ったもの)として出版された、全20枚からなる揃いものの中の一枚である。広重 の絵とともに複数の人物の狂歌讃が添えられているのが特徴。

《貝千種》平瀬 與一郎編《貝千種》平瀬 與一郎編

《貝千種》平瀬 與一郎編

民間の貝類研究家。1907年(明治40)年に貝類学専門月刊誌「介類雑誌」を自費で刊行、1913年(大正二)年には京都に平瀬貝類博物館を開館。「貝千種」四冊には多色刷木版技法を用いた約100種類の貝を掲載。彼の名を記念して hirasei や hiraseanaと名付けられている貝類も数多い。

杉浦千里《ニシキエビ》杉浦千里《ニシキエビ》

杉浦千里《ニシキエビ》

杉浦千里(すぎうらちさと)1962-2001 神奈川県横浜市生まれ。中学卒業後、高校に進学せずに日本美術学校の日本画科で学ぶ。その後円谷プロのデザインコンテンストでの入賞を機に、ウルトラシリーズのキャラクターデザインに携わる。一方で魚類図鑑の挿絵を担当したことをきっかけに、博物画の世界に入る。アクリル絵の具やエアーブラシュ等を使い、生物学的に正確でなおかつ美しい独自の博物画の世界を確立する。生体の記録写真のほか、自ら標本を作りそれを再現した。作品集に「美しきエビとカニの世界 杉浦千里博物画図鑑」(成山堂書店)がある。