東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

用語集

■掛軸の部位名称

本紙ほんし 画や書の書いてある本体。たいていは紙か絹。(紙本・絹本)
一文字いちもんじ 本紙の上下につけた裂。風袋と同じ裂地を用いることが多い。
また、普通上質の裂を用いる。
中回しちゅうまわし 一文字を含めた本体を囲む裂地。一般に一文字より質を下げる。本紙の上部を「中の上」、本紙の下部を「中の下」、本紙の左右を「柱」と呼ぶ。
上・下じょうげ 本紙の上下につけた裂。風袋と同じ裂地を用いることが多い。
また、普通上質の裂を用いる。
風袋ふうたい 「上」(天)の部分を凡そ三等分した位置に垂らす細長い裂。「文人表装」の場合は使わない。一般に、一文字と同じ裂を使う場合が多い。貼り付けた風袋を用いる場合もあるが、これは略式。この場合は「押風袋(おしふうたい)」と呼ぶ。
つゆ 風袋の下端の左右に付ける綿糸。白色を「露」、色物を「花」と呼ぶ。
ひも 掛緒と巻緒をいう。掛緒は文字通りの意味、巻緒は巻き取って仕舞う時にぐるぐる巻いて固定するために用いる。
軸先じくさき 軸鼻(じくばな)とも呼ぶ。掛軸を巻き取るときの心棒(軸・軸木)の、両端につける。巻き上げるときはここを掴んで巻き取る。象牙、竹、塗り物、陶器などを用いる。
参考: 掛軸の扱い方

■絵画の技法・画材など

岩絵の具いわえのぐ 日本画、唐画(中国の書画)に用いる顔料。天然の鉱物を原料として作る。水には溶けないため、膠(にかわ)を媒剤として使用する。
裏打ちうらうち 軸装の本紙のウラ、あるいはキャンバスの裏側に、保護や補強のため貼る、紙または布。
裏彩色うらさいしき 日本画の技法。絹、紙の裏から彩色する技法。面からの彩色とは異なった効果が出る。
花押かおう サインを図案化したもの。偽造を防ぐため、さまざまな種類の花押が発達した。武将・茶道家家元のものがよく見られる。
画賛・画讃がさん 画の余白に書かれた詩文、和歌、俳句など。単に「賛」とも呼ぶ。作者自身が書く場合と、第三者が書く場合とがある。また、同時代にかく場合と、後に所蔵者などが書き入れる場合がある。
鑑定かんてい 作者本人が亡くなった後、真筆であるかどうかを判定すること。一般的に、作者の親族や弟子が行うことが多いが、昨今では「鑑定委員会」方式で鑑定を行うことも多い。また、洋画の場合、有力画商が窓口で行う場合もある。一般に、真筆であれば「鑑定証」または「シール」を発行、あるいは「箱書」を行う。
参考: 所定鑑定人一覧
鑑定証かんていしょう 所定鑑定者が発行する真筆の証明書。近代以降の物故作家の有名作家については、作家ごとに定められた所定鑑定人または機関が発行した物のみが売買の際有効となる。参考: 所定鑑定人一覧
極め書きわめがき折紙おりがみ 鑑定者が自筆で書いた、真筆を証明する証明書。(転じて、折り紙付といえば「保証付」の意味となる。)江戸期以前の書画・茶道具などの箱の中にしばしば「折り紙」形式で添付された。
グワッシュ 不透明水彩絵の具のひとつ。水溶性のアラビアゴムを媒剤とする。
絹本けんぽん 書画の絵絹(えぎぬ)に書かれたもの。
ごう 元来は、フランスのカンバスの寸法の単位。日本美術界では、一般に額装の場合、本体のサイズを「号」で呼ぶことが多い。絵のタテヨコにかかわらず、長辺のサイズで号数が決まる。参考: 絵画標準寸法
古筆切こひつぎれ 古筆の断簡。巻物や冊子になった歌集などの古筆を切断したもの。幅仕立てや手鑑(てかがみ)にして、愛好された。
胡粉ごふん 日本で用いられた白色顔料。貝殻を焼いて粉末状にし、膠を用材として使用する。
サムホール 語源は底に親指を入れ、手持ちで使用できる小型のスケッチ箱のことをいうが、転じて、1号と二号のあいだのサイズの作品をいう。参考: 絵画標準寸法
三幅対さんぷくつい 日本画の掛け軸で、三幅ワンセットで楽しむように描かれたもの。(※掛軸は一幅(いっぷく)、二幅(にふく)と数える。)三幅の場合、左右に風景、中央に人物などの構成がよく見られる。その他、二幅対、四幅対、十二幅対なども見られる。
紙本しほん 書画の紙にかかれたもの。
たとう 和紙に柿渋(かきしぶ)などを塗り、畳む厚手の包み紙「畳紙」(たとうし)の略で、額縁や桐箱を入れる紙製の箱。
手鑑てかがみ 代表的な古筆切やその写しを集めて帖(じよう)(アルバム)に仕立てたもの。もと古筆の鑑定用として作られたが、古筆愛好家の鑑賞用にも作られた。かつては武家・公家の子女を嫁がせる際の重要な「嫁入り道具」であった。
にかわ 岩絵の具の用材として使われる。動物の皮、骨、腸などを煮詰めゼラチン質を摘出して作る。
共シールともしーる 軸制作者本人が新作の証明に作品に添付する証明書。多くの場合額の裏面に貼り付けてある。鑑定人がつけるものは単に「シール」という。作品名、画題を記すのが一般的。参考: 共箱
共箱ともばこ 作者本人の書いた箱書き。真作であることの証明となる。
参考: 箱書き| 共シール
箱書きはこがき 軸美術品を仕舞う箱の蓋(ふた)、または胴部分に書いてある書き付け。作者名(落款と印)と画題が書いてあるのが一般的。作者本人でない場合、鑑定者の名前と作者名等が書いてあることが多い。日本画や茶道具等の場合、真贋の鑑定や、査定評価にも大きく影響する。参考:共箱
マチエール 画面の絵肌や質感。
落款らっかん 完成した書画に、作者が署名捺印を施すこと。「落成款識」の略。画面の余白に、雅号を記し、印(または花押)を押す。しばしば制作年、季節、年齢なども雅号の前に添えられる。
六曲一双ろっきょくいっそう 六つの面に折り曲げられる屏風が左右一つ宛あって、ワンセットになっているもの。屏風は一隻、二隻と数え、左右ワンセットの物を「一双」と呼ぶ。セット物でない屏風は、たとえば「四曲一隻」(4面屏風の単独もの)などと呼ぶ。

■絵画のジャンル

日本画にほんが 明治期以降、西洋絵画が日本に流入してきた際に、「洋画」に対立した概念。あるいは、中国文化の影響を受けて日本独自に発展した絵画様式。一般的には、岩絵の具を用いて、紙または絹に描いたものを指す。
洋画ようが 西洋画の略。西洋で発展した技法で描かれた作品。油彩画、水彩画、パステル画など。西洋で描かれた絵画一般と、江戸時代後期以降の日本で描かれたものを指す。
南画・文人画なんが・ぶんじんが 中国の南宗時代の絵画「南宗画」の影響を受けて、江戸時代中期以降に成立した絵画様式。文人など職業的絵師以外の人が余技で描いた。中国絵画の模倣から始まり、与謝蕪村、池大雅などによる日本独自の様式に発展した。明治に入って、東京美術学校創立に関わったアメリカ人学者、フェノロサに排斥されるが、近代に入っても、富岡鉄斎・小杉放菴など、文人画の影響を受けた作家は存在する。
琳派りんぱ 桃山時代後期から江戸時代、本阿弥光悦、俵屋宗達、尾形光琳、尾形乾山などによって形成された、絵画・工芸・書などを含む総合的な日本美術の流派。もともと「流派」としてまとまって活動したわけではなく、各芸術家が私淑して一つの流派のような流れを作った。
のちに酒井抱一、渡辺始興、鈴木其一などがその後継となり、平安・鎌倉期の物語や季節の草花などをおもな画題として、優美で繊細、装飾性ゆたかで絢爛な美の世界を追求した。

■画題(主に日本画)

瀟湘八景しょうしょうはっけい 山水画の画題の一つ。中国の瀟水と湘水の二つの川の合流して洞庭湖に注ぐ景勝の地を、八つの景色で表わす。
蓬莱山ほうらいさん 中国の神仙思想で説かれる仙山。方丈(ほうじょう)、えい洲と共に3神山と呼ばれ、渤海のはるか東方にあり、仙人が住み、不老不死の神薬、玉の宮殿があるとされる。「理想郷」の比喩として、多くの画家が画題に選んだ。またしばしば富士山を「蓬莱山」に擬して描いた。横山大観、富岡鉄斎の作品は有名。
寒山拾得かんざんじっとく 唐時代に出た二人の道士。拾得は初め天台宗の豊干(ぶかん)に拾われてこの名がつき、寒山は寒厳に住んでいたのでその名がつき、しばしば拾得から残飯をもらって食べて、詩をよくした。寒山は文殊菩薩の化身であり、拾得は普賢菩薩の生まれ変わりだとされた。南宋絵画や、近世・近代の日本絵画において非常に多くの画家に画題とされた。